メニューを飛ばして本文へ


はくおうレターから

平成29年度おひさまクラブ説明会のご案内


おひさまクラブでは2歳児のよい子をお待ちしております


おひさまクラブは,就園前の2歳児を対象にした週2回コース(月曜日と木曜日)、週1回コース(水曜日コース)の未就園児支援事業です。
 就園前の2歳時はお子さまの心身の成長にとても大切な時期。この時期におひさまクラブで体を動かし、お友達と遊び、製作を楽しむ。そうすることで体がすくすくと成長し、集団生活に慣れ、社会性が育まれます。また、保護者の皆様には本園のスタッフや一緒に通われる他の保護者の皆様と情報交換をしたり、時にはの悩みを打ち明け合ったり、子育てについて一緒に語り合うことで自信を持って我が子と向き合うことができるようにもなります。
 平成29年度の受付を随時行っております。対象年齢やコースについては下記のとおりです。まだ、定員まで余裕がございますし、中途入会も可能ですので、お電話やお出かけいただいた際にはお気軽にご相談くださいい。
・対象年齢   2歳児(平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれ)
・場  所    平成28年度は新装なった本園おもちゃライブラリー棟で活動しています。
・募集人数   定員24名(週1コース 水曜コース 12名    
          週2コース 月・木コース 12名)
説明を聞くだけでも結構です。お気軽にお越しください。


園長からのメッセージ 2017年9月号


さあ、2学期です


 天候不順だった8月。なので楽しみにしていた鵠沼でのサーフィンも槍への登山もあきらめ(ウッソでーす)、県内の日帰り温泉で半日ほどぐでーっと過ごしたりと日頃は行かないような場所でのウォーキングを楽しんだり、またあるときは佐野や小山などあちこちのイオンを徘徊したり。イオンでは何組かはくおう幼稚園のよい子のご家族連れにばったりお会いして、ごあいさつなどいただきました。このように話題の乏しい園長の夏休みでした。
 我がスタッフはどうかというと、夏休みとはいえ、研修会であるとかセミナーであるとか結構勉強する場があるので、そういった研修会にも積極的に参加していました。また、今年は幼稚園の教育要領が新しくなるという年度でもあるため、幼稚園教育に関する新しい情報を仕入れたり、運動会に使う衣装など2学期の準備をしたりと、私が大田原佐久山の「きみの湯」につかり、その近くにある和氣精肉店で買ったメンチやコロッケを堪能しているころ、懸命に頑張っておりました。また、我がスタッフは仕事を着実にこなす一方、ある人はライブにまたある人は家族で旅行にと少なくとも私よりずっと充実したサマーライフを楽しんだようです。
 そうそう、夏休み中のニュースとしてぜひ皆さんにお知らせしたいことがありました。7月21日、この5月まで本園で勤務されていたC先生に女の子が誕生したんです!名前はSちゃん。私も写真でしかお目にかかったことがないのですが、母子共に健康で、すくすく成長しているようです。たぶん、運動会にはその愛らしいお姿をお披露目してくれるのかなと思いますので、皆様も楽しみにしていてくださいませ。
 私どもの話ばかりいたしました。皆様はどのような夏休みを過ごされましたか?
 子どもが親と一緒にどこかへ行ってくれるのはせいぜい中学生くらいまで。だから今のうちに子どもと一緒にあちこち出かけ、趣味に興じるなどたくさん楽しんで家族の絆をより深めてほしいものです。

 さあ、2学期です。今年は残暑はどうなんでしょうか?
 7、8年前、私が小山城南小に勤務していたとき、夏休み明けに異常な残暑が襲いかかり、連日の猛暑日。おひさまの陰っている隙を見て校庭で運動会の練習をしていたら、教育委員会から「校長先生、こんな日に練習させないでください。」とご指導を受け深く反省したこともありました。
 本園でも10月7日(土)の運動会に向けて、いよいよ練習を始めますが、爽やかな秋空の下で充実した練習ができるよう願っております。また、例年ですと当日が雨天で日曜日に延期して、その日曜日も雨天の場合には、第一体育館をお借りして運動会を挙行していました。でも、今年は8日(日)に本学で全国規模の大会が開催されるらしく、第一体育館を借りることができませんでした。ですから、土日続けて運動会ができない場合には、月曜日開催ということも考えられます。その旨ご理解をいただきたくお願い申し上げます。ま、借りられなくても当日秋空高く晴れ渡れば何の問題もないので、10月7日に予定通り運動会が挙行できるよう皆様と共に心をひとつにして願いたいと思います。
 2学期はお月見やおいも掘り、やきいもパーティ、親子レク、小遠足等々魅力的な活動・行事が盛りだくさんです。そして12月には締めくくりのおゆうぎ会。病気やけがなどをしない・させないように皆様と園とで協力しながら楽しい2学期にしていこうと思います。




園長からのメッセージ 2017年夏休み号


夏休みです


 私は夏休みが嫌いでした。いつごろから嫌いなのかというとたぶん小学生の頃から。私が小学生だった頃は、夏休みには「夏休みの友」というワークブック、毎日つける絵日記、自由研究または製作、読書感想文、毎日の天気記録その他盛りだくさんの宿題が出て、それをこなすだけでもめんどくさいし、毎朝6時過ぎにはラジオ体操に行って判子もらわなきゃいけないし・・・・夏休み中ずっとですよ。楽しみと言えば学校がプールを開放してくれたんで、開放日には毎日のように通いました。それから地域の自治会が主催してくれる映画会。夜、学校の校庭で、校庭に張ったスクリーンに映画を上映するというきわめてリーズナブルでシンプルなやつ。ある年にはあろうことか東海道四谷怪談が上映され、暗闇の校庭にお岩さんのアップが浮かび上がるという非常にシュールでスリリングというかホラーというか、ともかく一人で家に帰れない状況だったことはうっすらと覚えています。
 中学校の時は宿題はもちろんのこと、よせばいいのに水泳部なんかに入ってしまったものですから、毎日練習につぐ練習。私の通っていた大平町立大平中は50mプールであったので、疲労困憊した体にはラスト前の50mダッシュ10本がきついのなんの。
 高校時代の夏休みは、まわりのお友達が勉強ばかりしているので、仕方なく市の図書館とか学校の教室で勉強しているふりをしていました。私は理科が苦手で特に化学の定期テストでは0点をとったほどの実力者。夏休みの補習で化学のN田先生から言われた「こんな問題2分で解けちまいますね。」という言葉がいまでもトラウマになっています。
 長じて親になってからも、夏休みは娘や息子の宿題のお手伝いを頑張りました。作文、お絵かき、自由研究・・・・。中でも娘の宿題「未来の街を創造しよう」というテーマで私が7~8割描いた絵が特選かなんかに入り、娘が某○○館で表彰されたのはよい思い出です。
 上記のような理由で夏休みは苦手でした。では、宿題や部活から解放されて久しい今はどうかというと、夏休みというより暑さが半端ではない最近の夏が苦手になってしまいました。
 以前は熊谷が日本一暑いところだったのに、最近は館林や佐野が頑張って、つまりだんだん我が小山市に暑さが近づいている気がしてちょっと・・・・・という感じです。
 それに比べて子どもたちのまあ元気なこと!お外で遊んできたあと、ぐっしょり汗をかいたお顔の真ん中に輝いている目の生き生きしていることといったらありません。たぶんまだまだ遊び足りないのでしょう。よく「子どもは風の子」などといいますが、夏の暑さにだって負けない、というより暑さを楽しんじゃう「太陽の申し子」とも言えると思います。
 夏休み、まだ宿題のない「太陽の申し子」たちはいったい何をして過ごすのでしょうか?本園では前号でもお知らせしたように7月27・28日にはそら組さん対象のおとまり保育があります。そのあと29日には夕涼み会。8月1日には県南体育館で小山市の幼稚園の子どもたちみんなを対象にしたキッズフェスティバルが行われます。あとは各地区のお祭りや盆踊り、各ご家庭での楽しいプランなど、おうちの人とたくさんふれあう機会、それが夏休みです。
 そうそう、さっき本園には宿題はないよと言ってしまいましたが、訂正します。宿題、ありました。それは、夏休み中
 ① 病気にならないこと・大きなけがをしないこと
 ② 事故に遭わないこと
 ③ 早寝早起きをすること
 ④ おうちの人とたくさんお話をすること
という宿題です。この4つにおうちで話合ったお約束を加えて元気で楽しい夏休みを過ごしてほしいと思っています。
 9月1日の始業式にはみんなの元気な笑顔が揃うことを楽しみにしています。




園長からのメッセージ 2017年7月号


はくおう幼稚園にようこそ(平成30年度入園に向けて)


 本園では6月の最終週に家庭訪問を実施しています。今年度も6月26日月曜日から金曜日までの家庭訪問期間中、可愛い我が子、定次(さだじ)君やマリ子さん(例として私の小学校時代の同級生の名前をお借りいたしました。懐かしい昭和のかほりが漂ってきます)の家庭での過ごし方や園での様子などについて担任と保護者の皆様がお互いに情報交換をし合うことによってお子さまの成長の様子やこれから支援していきたいことなどを共通理解し合います。
 家庭訪問が終わるとすぐ七夕。今年は7月7日の金曜日に♪笹の葉さらさら・・・・を歌い、園長による牽牛と織女の深くてしみるお話を聞き、短冊に願いをこめます。みんなどんな願い事を書くのでしょうか。私の子どもの頃だったらさしずめ汽車ポッポの運転士になりたい、とか、ナショナルキッドみたいに空を自由に飛びまわりたいとか書いたのかもしれません。いずれにせよこういう日本の情緒あふれる行事も大切にしたいものです。
 七夕が過ぎる頃、もう季節は真夏。待ち焦がれていたプール遊び。屋上のプールで水遊びを楽しみます。お友達に水を掛け合いキャーキャーはしゃぐ子どもたちの歓声が真夏の入道雲に吸い込まれていきます。・・・・そういえば、定次君やヒデちゃんの時代には、永野川の橋桁から川に飛び込み、平泳ぎで泳いでいたら後からアオダイショウがくねくねと追いついてきたので、慌てて川岸に逃げた、なんてこともありました。これもちょっとびっくりしたけど懐かしい思い出です。
 7月20日は第1学期終業式の日です。その一週間後にそら組のお泊まり保育、その翌日土曜日には小山のお祭りに合わせるように夕涼み会。その翌々翌日には小山市幼稚園連合会によるキッズフェスティバルが県南体育館で挙行され、今年もアンパンマンがやってくるかもしれません。・・・・そうそう、先日M先生から羽川とりせんに栃木のヒーロー雷様(らいさま)剣士ダイジがやってきたというラインが届きましたが、親子で楽しむ日当日であったためサインをもらいに行くことができませんでした(~~;)。
 話が横道にそれっぱなしなので題名に沿って本筋に戻します。
 このように、この夏もはくおう幼稚園は楽しい行事・活動が盛りだくさん。子どもたちはこういった楽しい活動をとおして、社会性や心の豊かさ、たくましさを身につけていくのです。
 さて、ここまでお読みになって本園の活動や教育方針などに興味・関心をお示しくださった全国各地の保護者の皆様、あるいは私と一緒に昭和30年代ヒーローを語り合いたいグランパ・グランマの皆様、はくおう幼稚園では9月より平成30年度の園児募集を開始いたします。
 9月1日に願書配布、そして9月2日(土)午前10時から第1回入園説明会。同じく8日(金)午後2時から第2回入園説明会が開催される予定です。詳細はホームページの入園案内に掲載されておりますので、こちらをご覧いただきまして、小山市内はもちろんのこと、今は県外にお住まいでも来年こちらに引っ越してくるご予定のある方、本園が気に入って是非本園にお子さまを通わせたいとお考えの方ならどなたでもウェルカムです。例えば仙台にお住まいでしたら、午前7時12分発やまびこ120号で宇都宮まで、そこからなすの268もしくは宇都宮線で小山まで・・・・。
 まだ1度も行ったことがないので不安です、という皆様には7月4日(火)のFunFunKids(残念!定員になってしまいました)や同じく8月8日(火)のFunFunKids、または毎金曜日には園舎・園庭を開放する「ママといっしょに」を行っておりますので、お子さまを連れて遊びにいらっしゃってください。
 皆様のご来園をスタッフ一同心よりお待ちしております。







バックナンバー


ページトップへ戻る


Copyright (C) 2007 Hakuoh Kindergarten All Rights Reserved